FC2ブログ

第17回空を飛ぶもの〜比べてみよう!〜猛禽類と人間〜

3月15日、日曜日、晴天26年度の最終回となります「造形あそびワークショップ」開催致しました。
二本松市油井小学校幼稚園のグランドをお借りしました。
ご協力くださいました方々にお礼を申し上げたいと思います。

昨年に引き続き、放鷹義塾・鷹匠の大橋邦啓鷹匠をゲストに、今年も様々な猛禽類の飛行を目の前で披露して頂き、素晴らしい体験をすることができました。

IMG_3689_convert_20150417114940.jpg


IMG_3795_convert_20150417115148.jpg
ハリスホークと大橋さん

IMG_3743_convert_20150417115125.jpg
ベンガルワシミミズクとクッシー

IMG_3718_convert_20150417115033.jpg
ハリスホーク

IMG_3821_convert_20150417115211.jpg
ハヤブサの疑似餌を使ったルアーリング

IMG_3673_convert_20150417115008.jpg
体験の様子

体験のお子さんもドキドキわくわく。
思わず目をつむってます。ビックリしますね!
格好いい鷹が手に飛んでくるなんて普通はできない面白い素晴らしい経験ができました。

心と身体をたくさん動かす体験をすると、みんなとっても生き生きします。
なんで鷹やフクロウを飛ばすのかな?とお思いの方もいることでしょう。

まずは、みんなに本物に触れる事の面白さや素晴らしさを知ってもらうこと。
そして、さまざまないのちに触れて体験することをたくさんして欲しいのです。

猛禽類の持っている本能をトレーニングで引き出していくのが放鷹術です。
世界各地で大昔から人は動物と暮らしてきて、猛禽類もそのひとつでした。
狩りをしたり、お殿様に仕えたりしてきました。

不思議だし、面白いですね。
今の現代的な暮らしにはそういった感覚があまりないかもしれません。

本当に優れた鷹使いの元にいた鷹はきっと生き生きとしていたに違いありません。
それは、人鷹一体という言葉があるように、
人も鷹の一部になって気持ちが一緒になるという意味だったのです。

福島の相馬にも野馬追ってありますね。
人馬一体という言葉もあります。馬にもなれたんですね。

人間の想像力の素晴らしさ、
動物の野生の素晴らしさ、
放鷹にはそのすべてが詰まっているのです。

IMG_3848_convert_20150417115238.jpg
放鷹義塾・南雲鮎美さんと


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)